皆さんこんにちは、本日3月2日「ウマ娘 プリティーダービー」に星3の育成ウマ娘として「テイエムオペラオー」が実装されました。
今回は実装された記念としまして、実在する競走馬としてのテイエムオペラオーについて簡単に調べてまとめてみました。

またウマ娘では実在する競走馬としてのテイエムオペラオーがどれだけ再現されてるのかも簡単に比較しています。

競走馬:テイエムオペラオーとは

テイエムオペラオー(父:オペラハウス、母:ワンスウェド)は主に1998年~2001年までに活躍した競走馬です。
始めてのデビュー戦は1998年8月15日に京都競馬場で行われた3歳新馬戦(芝1600m)で、デビュー戦での人気は1番人気でしたが惜しくも2着という結果からスタートしています。

レーススタイル

競走馬としては、豊富なスタミナと高い瞬発力やスピードに優れているので主に「差し・先行」型の競走馬として大活躍しました。

またスタミナやスピードだけではなくパワーも兼ね備えており、一部では「変幻自在」という風にも呼ばれるほどバランスが良い競争馬として有名です。

性格

性格としてはとても真面目なタイプの馬として知られており、調教師の野平祐二は故障を心配するほどに「いつも真面目に走っている」「あれだけレースに行ってしっかり走るという馬はほとんど出てこない」と評しています。


主な競争戦績

年月競走名着順距離(馬場)騎手1着(2着)馬
1998.83歳新馬2着芝1600m(良)和田竜二クラシックステージ
1999.24歳未勝利1着ダ1800m(良)和田竜二(ヒミノコマンダー)
ゆきやなぎ賞1着芝2000m(稍)和田竜二(アンクルスルー)
1999.3毎日杯G31着芝2000m(良)和田竜二(タガノブライアン)
1999.4皐月賞G11着芝2000m(良)和田竜二(オースミブライト)
2000.2京都記念G21着芝2200m(良)和田竜二(ナリタトップロード)
2000.3阪神大賞典G21着芝3000m(稍)和田竜二(ラスカルスズカ)
2000.4天皇賞(春)G11着芝3200m(良)和田竜二(ラスカルスズカ)
2000.6宝塚記念G11着芝2200m(良)和田竜二(メイショウドトウ)
2000.10京都大賞典G21着芝2400m(良)和田竜二(ナリタトップロード)
天皇賞(秋)G11着芝2000m(重)和田竜二(メイショウドトウ)
2000.11ジャパンCG11着芝2400m(良)和田竜二(メイショウドトウ)
2000.12有馬記念G11着芝2500m(良)和田竜二(メイショウドトウ)
2001.4天皇賞(春)G11着芝3200m(良)和田竜二(メイショウドトウ)
2001.10京都大賞典G21着芝2400m(良)和田竜二(スエヒロコマンダー)

 

競争戦績から分かる通り、有名な天皇賞や有馬記念など格が最も高いG1レースで数々の優勝を飾っている本物の名馬です。


またテイエムオペラオーが優勝を手にした大会ではメイショウドトウを2位に押さえている大会がほとんどで、メイショウドトウとテイエムオペラオーは最大のライバル関係として競走馬としての生涯を共に戦っていました。

騎手としては和田竜二騎手と競走馬としての全大会をともにしており、まさにベストパートナーと言われています。

ウマ娘のテイエムオペラオーとの比較

それではテイエムオペラオーの競走馬としての姿ウマ娘での姿を簡単に比較していきましょう。

見た目

ウマ娘での姿と競走馬としての姿を比較してみると、髪の色と体毛はかなり近いですね。
髪の色と体毛が同じくライトブラウンに統一されており、再現度としては高いと思います。

またTwitterでは競走馬としての生涯を共にした騎手の和田竜二さんと似ているんじゃないかとも言われており、実際に参考にしてデザインされた可能性は捨てきれませんね。笑

ウマ娘としてのレーススタイル

ウマ娘として実装されたテイエムオペラオーは初期値としてのスタミナが高く、脚質の適正が先行・差し共にAとなっているので競走馬としてのテイエムオペラオーに近い性能をしています。
また逃げもCとなっていて完全に適正が無いという訳ではないので、バランスが良いと評されている部分も近いですね。

ウマ娘での性格

ウマ娘での性格としてはプロフィールにあるように超ナルシストとなっているので、実際のオペラオーの真面目な性格とはかけ離れています。
この点においては真面目な性格の馬が比較的多いので、ゲームでは個性を出すために差別化を図ってあえて競走馬としての姿とは違う性格にしたのではないかと考えられますね。

ストーリー目標と実際の競争戦績

最後にウマ娘でのストーリー目標と実際の競争戦績を比較して見てみましょう。実際の競争戦績で優勝している「皐月賞」「天皇賞」「宝塚記念」「ジャパンC」「有馬記念」と、ウマ娘とのストーリー目標と競争戦績はかなり酷似しています。
育成としてはG1レースでの連戦を強いられるため割と大変そうではありますね。笑

まとめ

さて今回は3月2日に実装されたテイエムオペラオーの実在の競走馬としての戦績の紹介や簡単な比較を行ってみました。
こうして実在の競走馬での姿や歴史を見るとキャラクターに愛着も湧きますし、競馬に興味が無い方も競馬に興味が湧きそうで競馬業界も更に盛り上がることが期待出来ますね。

実際の競走馬とウマ娘での簡単な比較で分かったこととしては、以下のようになりました。

まとめ
・見た目はかなり近いデザインとなっている
・レーススタイルや脚質適正はかなり近い
・性格についてはあまり似ていない
・レース目標はほぼ再現されている