皆さんこんにちは、志村です。

2月に入り暑い日や寒い日が繰り返し訪れている今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
気温が安定せずうんざりするような季節ですが、そのうんざりした雰囲気を吹き飛ばすような新規タイトルが今月発売予定です。

その新規タイトルとは、BioWareとEA(Electronic Arts)が手を組んで発売する新しいタイトル「ANTHEM(アンセム)」です。
グラフィックの逸脱したキレイさと空を疾走するように飛ぶ爽快感で今月発売されるソフトでも期待されている作品の一つです。

発売日は2月22日を予定しているアンセムですが、なんと2月1日~2月4日までオープン体験版がPlaystation storeでプレイ可能となっていました。
そこで今回は、オープン体験版を実際にプレイしてみた感想を含めたレビューをしていきたいと思います。

圧倒的なグラフィック

まずこのアンセムをプレイしてみて思ったこと、それは「グラフィックの凄さ」ですね。
プレイしたのはプレイステーション版だったのでPC版に比べるとグラフィックの差はあるのですが、他のPS4ソフトに比べてもとんでもなくグラフィックがキレイです。

プレイをしている最中も、気づくと景色や滝を眺めていたり、そのキレイさに圧倒されます。
本作は有名な「BattleField」と同じゲームエンジンである「FrostBite」が使用されているということもあり、そのグラフィックには他ソフトには無い良さがありますね。

空を飛ぶだけで気持ち良い

本作はプレイヤーが操作出来るジャベリン(=キャラクター)は、空を滑空することが可能になっています。
プレイするキャラクターが空を飛ぶというのは数ある他のソフトでも楽しめる一つの機能ではあるのですが、本作は空を飛ぶだけでとにかく気持ち良いんです。

空を滞空するのには限りがあるのですが、ブーストゲージを回復させれば再び飛ぶことが可能です。

アンセムは基本的な移動手段が空を飛んで移動する作品になっており、戦闘→空を飛んで移動→戦闘…と戦闘の最中や合間に空を飛びながらの爽快感を味わうことが可能です。
逸脱したキレイさのグラフィックと空を滑空する爽快感をあわせて、空を飛ぶだけでも楽しい作品とも言えますね。

プレイスタイルに合わせて様々な戦い方が可能

本作は体験版時点で、プレイアブルなジャベリンが4体用意されています。

・レンジャー(オールマイティー)
・コロッサス(味方の盾役兼火力)
・インターセプター(速さと近接戦闘に特化、デバフも可能)
・ストーム(範囲属性火力)

体験版時点ではこの4種類のジャベリンが用意されており、自分の戦い方に合わせてジャベリンを選択することが可能です。

またそれだけではなく、選択したジャベリンの中でも様々な武器の種類によって、色々なプレイスタイルで遊ぶことが出来ます。

各ジャベリンには専用の装備枠が基本的に2種類~3種類用意されており、その専用の装備の中でも体験版時点で5種類の武器が用意されています。

自分の戦闘スタイルに合わせてコンボパーツを組み立てられるので、各ジャベリン毎に個性を出すことが可能です。

例①:レンジャーで「フロストグレネード」+「シーカーミサイル」でコンボを狙う

例②:インターセプターで「フロストダガー」+「近接攻撃」で凍結のオーラを纏い、周囲の敵に凍結を伝染させる。

武器にはレアリティとオプションがあり、やりこみ要素が豊富

本作には武器の種類別にレアリティが用意されており、6種類のレアリティが存在します。
コモン(白色)>アンコモン(緑色)レア(青色)
エピック(紫色)マスターワーク(橙色)レジェンダリー(黄色)

レアリティが高い装備ほどドロップがしにくくなっており、その分性能が高くなります。
特にレジェンダリーの武器に関しては、武器ごとに固有の効果が用意されているようです。

体験版時点では青色のレアまでしかドロップ確認が出来ませんでしたが、レアリティを求めてクエストを受けるのが楽しみですね。

またレアリティ以外にも、武器にはオプションという効果がランダムに付与される仕様になっています。
欲しい武器のレアリティに欲しい性能のオプション効果を付けたいとなると、相当やりこみが必要そうですね。

体験版時点では致命的なバグだらけ・・・

ツラツラと良い点を述べて来ましたが、この体験版では致命的に致命的なバグが頻繁に発生していました。
自分で発生が確認できた致命的なバグとしては

・言語を「日本語」にするとログイン不可(体験版初日の14:00頃から)
・ミッション中にアプリケーションエラー
・ミッション中にPS4本体がシャットダウン
・ミッション中に音が全く聞こえなくなる
・ミッション中に味方がクエストアイテムを所持して落ちると、クエストが進行不可に
・ミッションをクリアしても、経験値が獲得出来ないことがある

と、致命的なバグだけでこんなに盛りだくさんな体験版でした・・・。

特にアプリケーションエラーは頻繁に発生しており、いかにエラーを発生させずにクエストをクリア出来るかという謎のリアルクエストが発生することに。
発売予定日を3週間前にしてこの致命的なバグだらけの現状は、製品化するにおいて中々の不安が残ってしまいます。

しかしこのバグについては公式フォーラムで製品版化に伴い、多くのバグは修正しているとアナウンスしています。
部のバグを残し、という部分は気になりますが・・・!

総評

「ANTHEM(アンセム)」の体験版をプレイしてみての感想としては、ゲーム自体はかなり完成度が高いなと感じました。

グラフィックの高さや飛行の爽快感もさることながら、空中戦を織り交ぜた立体的な戦闘が非常に面白い作品でした。
体験版だけでも相当やり込んでしまうぐらいには面白かったです。

しかし問題点としては、やはり致命的なバグの多さというところでしょうか。
ゲーム自体はとても良いものになっているのですが、体験版とは言えどもバグの多さが非常にもったいない・・・。

このバグの多さが製品版でどう改善されるのか、というところがこの作品の一つのターニングポイントになりそうではあります。

製品版の発売日は2月22日を予定していますが、PC版とXBOX版ではアーリーアクセス(早期アクセス)が2月15日から可能予定になっています。

そのため、まずはこのアーリーアクセスでの先行組の評判を見てから購入という方法が現状では一番かなと思いますね。

↓先行アクセスの感想についてはこちらをご覧ください